病床で考えたこと

 憲法問題調査委員会は、10月18日発足した。同月25日に官制によらない閣議了解の形で発足させ、委員長には松本烝治国務大臣が就任した。顧問に、美濃部達吉帝国学士院会員・元東大教授)、清水 澄枢密院副議長・帝国学士院会員)、野村淳治(元東大教授)ら3名が、委員には宮沢俊義(東大教授)清宮四郎(東北大教授)、河村又介(九大教授)、石黒武重(枢密院書記官長)、楢橋 渡(法制局長官)、入江俊郎(法制局第1部長)、佐藤達夫(法制局第2部長)ら7名が、さらに補助員として刑部 荘(東大教授)、佐藤 功(東大講師)の2人が就任した。
 委員のところには、各方面の日本人の忠告や意見が殺到し、憲法問題は、新聞紙上で大いに論議された。共産党を含む各政党は、それぞれ憲法改正草案の作成し、発表する。そんななか、憲法問題調査委員会は、数回の会合で、保守的憲法の唱道者と進歩的憲法の唱道者のとの間に明らかな意見の対立があり、委員会がなかなか進まなかった。結局のところ、全体的には、極端な保守主義者である松本国務大臣の意見に支配されていく。松本は、12月8日の国会で、衆議院予算委員会での中谷武世議員の質問に答え、憲法改正に関わる「松本四原則」として
  @天皇が統治権を総攬せらるの原則には変更なきこと
  A議会の権限を拡張し、所謂大権事項を制限すること、
  B国務大臣の輔弼の責任は国務全般に及び帝国議会に対して責を負うこと
  C臣民の権利自由を保護し、その侵害に対する国家の保障を強化すること
を公表した。結局昭和20年の暮れまでに前後7回の総会を開き、その間15回の小委員会を招集し、だいたいの腹案ができたとし、以後、松本は自ら新憲法草案を起草するため、昭和21年1月1日から、鎌倉の別荘に立てこもり、独自の視点で憲法案を書きあげていく。
 しかしながらその憲法素案は、たとえば「天皇ハ神聖ニシテ侵スヘカラス」という条文を「天皇ハ至尊ニシテ侵スヘカラス」と書き換えるなど、これまでの大日本国憲法の字句を修正しただけのものが大半であった。1月1日に天皇が人間宣言によって天皇自ら、神格化を否定したばかりであるが、松本の改正案にはこのことを反映するようなことも明記されておらず、いわば大日本帝国憲法の焼き直しのような憲法案であった。そうして
「憲法問題調査委員会では草案がまとまった」
として、1月9日より同委員会ではさらに小委員会を開き逐条審議の上、26日に一切の審議を終えてただちに政府に報告している。
 幣原はマッカーサーが差し向けた医者のペニシリン治療によって快方に向かっていたが、依然として病床にあるため、代理首相として吉田を任命していた。年が明けた昭和21年(1946年)1月4日、GHQは2つの指令を幣原内閣に発した。「国家主義的・軍国主義的な諸団体の廃止」として以下のA〜G項の7項目に該当する「公職に適せざる者の追放」を指示したのである。
   A. 戦争犯罪人。
   B. 陸海軍の職業軍人。
   C. 超国家主義団体等の有力分子。
   D. 大政翼賛会等の政治団体の有力指導者。
   E. 海外の金融機関や開発組織の役員。
   F. 満州・台湾・朝鮮等の占領地の行政長官。
   G. その他の軍国主義者・超国家主義者。
 この中には、閣僚である堀切善次郎内相(前翼賛会総務)、前田多門文相(前翼賛会地方支部長)、松村謙三農相(前翼政会政務調査会長、日政幹事長)、田中運輸相(前日政代議士会長)、次田大三郎国務相兼書記官長(内務官僚 前翼政会総務)の5閣僚も含まれていた。これでは内閣が保てないと、幣原は、病床から、内閣総辞職の意向を閣議に伝えた。明治憲法では、総辞職の裁可は、天皇が行うことになっている。代理首相の吉田は、天皇に辞表を提出する前に、総司令部にいき、マッカーサーに会い、
「全閣僚が辞表を提出することになりました。」
と伝えた。吉田はさらに、幣原に組閣の命令が下されるように予定されている、とも説明した。この時のことは、マッカーサーの副官であったコートニー・ホイットニーの著作物(『日本におけるマッカーサー 彼はわれわれに何を残したか』(抄訳)毎日新聞社外信部訳・毎日新聞社 1957 )では次のように書かれている。

マッカーサーは吉田の説明を静かに聞いていたが、やがて、外相に冷たいまなざしを投げて、
「吉田外相、私は幣原男爵に最高の敬意を払ってますし、また幣原男爵ほど私の指令の条件を履行する資格をもった人を、他には知らないのですが、しかし、もし内閣があす総辞職をすれば、日本国民は幣原内閣が、私の指令を履行できないのだと解釈するだけでしょう。そうなると幣原男爵を再任命することは、天皇には承諾できるかもしれないが、私には承諾できません」
と述べた。
 その一瞬、冷たい沈黙が続い

FC2携帯変換について
->続きを表示
◆ツール
◆設定
▲上へ
このページはFC2携帯変換によってPC向けのページが携帯電話向けに変換されたものです
Powered by FC2