首相就任

吉田の自伝(吉田茂 『外交10年』)には、マッカーサーと会談するときに次のような話が、えがかれている。
外務大臣となった吉田は、マッカーサーと何度か会談した。吉田はある程度英語ができるので、通訳なしでマッカーサーと話をすることができる。ある時、マッカーサーは、吉田に話し始めた。マッカーサーは一度話し始めると、大変、長話になることが常であった。いつ果てるともなく続くマッカーサーの話を吉田は黙って聞くしかなかった。1時間過ぎたころ、マッカーサーは、うなずいているばかりの吉田に
「私の話がわかったのか」[yosidasi...+]と問うた。吉田は、静かに答えて、いわく
「あなたは長々と話をしている。私はライオンの檻に入れられたウサギのようにおびえながら黙って聞いているしかありません。」
マッカーサーは最初、吉田のジョークの意味を理解しかねて、一瞬、怒ったような表情をしたが、やがてその意味が判ったらしく、
「面白いやつだ」
というように笑い出し、そうして吉田のポケットにチョコレートをねじ込んだ。マッカーサーは気にいった相手にはチョコレートなどを差し出して、ポケットにねじ込むことが多かった。彼は天皇とも何度か会談したが、時折天皇にさえ、チョコレートをポケットの中に入れたようである。ともかくこのことをきっかけにして吉田はマッカーサーと良好な関係を築くことができるようになったようだ。
吉田が外務大臣に就任して半月も経たない10月4日、東久邇内閣を大いに動揺させる出来事が起こった。内務大臣であった山本巌がイギリスの新聞記者の質問に答えて、「秘密警察はなお活動している」という趣旨の発言をし、これが総司令部内に読者をもつ『スター・アンド・ストライブ』誌に掲載されたのである。この記事が掲載されると、総司令部は直ちに反応し、その日のうちに東久邇内閣に山本の罷免を求め、秘密警察の解体を命じた。内閣は総司令部の命に従がって、特別警察の解体を命令するとともに、同時にこれ以上、政権を維持することは困難である、として総辞職したのだった。
この当時、首相を決めるのは最終的には、天皇の権限であったが、首相を推戴するのは、枢密院の役割であった。枢密院の木戸幸一と近衛文麿で協議がもたれたが、軍人官僚などはほとんど戦争犯罪人として起訴される可能性もあり、候補者は限られていた。最初に首相候補として名前が挙がったのは、吉田であった。
吉田は戦前に退官し、岳父の牧野伸顕の下で、終戦工作を画策していたが、そのことが露見して憲兵隊に拘束されたこともあった。が、今となっては、このことが首相候補としての好条件となった。さっそく吉田を宮内省に呼び出して「今度こそいよいよ貴公がやる番だ。それよりほかは手がないよ」
と出馬を要請したが、吉田は、
「自分には到底無理である」
という。吉田には、事務次官の経験はあったものの、外務大臣として内閣の一員となったのは今回が初めてである。しかも、大臣となってからまだ半月余りしかたっていない。そんな自分が、いきなり首相となるのは、困難である、というのだ。吉田は、
「僕は絶対にだめだが、この際は幣原さんが最適任者だ。僕が話してみればおそらく承諾してくれるだろう」
と自信ありげに発議した。吉田は、幣原から受け取った『終戦善後策』のことも二人に話したの


FC2携帯変換について
->続きを表示
◆ツール
◆設定
▲上へ
このページはFC2携帯変換によってPC向けのページが携帯電話向けに変換されたものです
Powered by FC2