終戦善後策

国政では、太平洋戦争を終戦へと導いた南貫太郎内閣が総辞職し、東久邇稔彦皇族内閣が成立した。9月2日、アメリカの戦艦ミズーリ号上で、連合国との降伏文書調印式が行われた。この調印式には、日本側から、外務大臣の重光葵と、参謀総長の梅津美治郎が出席し、全権大使として降伏文書に調印した。
重光は日本を占領統治することになったアメリカ軍が軍政を実施し、日本の紙幣の代わりにアメリカ軍が軍票を流通させようとしていたときに、連合軍総司令官ダグラス・マッカーサーと直接交渉し、
「日本は軍部による支配によって、戦争をしていたのであり軍部は降伏によって降参したが、日本国全体の独立は保たれるべきである。」
と厳重に抗議し、軍票の発行を撤回させた人物である。
重光は、閣議でも「総司令部との交渉は、まず外務省が中心となって行うべきである」

重光葵
[sigemitu+]

という持論を展開して、東久邇首相がマッカーサーと会談することも
「時期尚早(しょうそう)である」 と反対し、ほかの大臣がマッカーサーと会談しようとすることさえ渋ったため、しだいに閣内で孤立していく。最終的には重光は、閣内不一致の責任を取って外務大臣を辞任した。9月15日のことである。後継の外務大臣に選任されたのが、吉田茂であった。
吉田は戦前、外務省の奉天総領事まで務めた人物であった。ナチス・ドイツとの接近には常に警戒し、日独防共協定、日独伊三国同盟にも強硬に反対したが、その条約が締結がされると、1939年特命大使となって外交の一線から退き、太平洋戦争の終戦間際には、岳父の牧野伸顕、元首相の近衛文麿の連絡役として和平工作に従事していた。1945年2月に近衛上奏に協力したことが露見し、憲兵隊に40日拘束されたこともあった。しかし、この戦時中の受難が逆に戦後に幸いし、GHQ(連合軍総司令部)の信用を得ることになったのだった。
のちに吉田の著した『回想10年』(新潮社 昭和32年9月発行)には外務大臣となるてん末が書かれている。
吉田が隠棲していた鎌倉の自宅に連絡があったのは、9月14日の夕刻であった。「宮様(東久邇首相)がお会いになりたいとのお達しだから、モーニングを用意して参上するように」
との連絡がきて、やがて迎えの車がやってきた。(何だろう・・・)と思いながらともかくモーニングに着替えて東京に出向くと内閣書記官長の緒方竹虎が、

[yosida+]

吉田茂

「事情があって重光外務大臣に辞任した。後任の外務大臣となるように」
という。吉田にとって寝耳に水のことであった。第一、吉田は戦前、外務大臣候補となったことがあるものの、吉田の親米派ともいわれる路線を嫌う陸軍の強硬な反対にあって、結局一度も外務大臣になることはなかったのである。吉田は、
「経験不足です。


FC2携帯変換について
->続きを表示
◆ツール
◆設定
▲上へ
このページはFC2携帯変換によってPC向けのページが携帯電話向けに変換されたものです
Powered by FC2