天皇の人間宣言
明治憲法では、天皇は国家の元首であり、国民は、その赤子(せきし、赤ん坊のこと)であった。昭和に入って以後、天皇は、現人神として神格化され、事実上は、三権(司法、行政、立法)の他に陸軍の参謀本部、海軍の軍令部があって、統帥権の下に独自の活動をする国家になりはてて、正常な機能を失ってしまっていた。幣原は、組閣直後から、まず天皇を神格化してしまう誤解を解いていたほうがいいと考えていた。
あるとき天皇に幣原が拝謁したところ、天皇は
「昔、ある天皇が病気にかかられ、天皇が、医者を呼んで来い、といわれると、宮中の連中が
『とんでもないことです。天皇は神様でいらっしゃる。それを医者などに玉体を触れさせるということは絶対にいけません』
ということで医者を呼ばなかった。そのため、その天皇はみすみす病気が悪化してなくなられたということがあった。とんでもないことじゃないか」
といわれ、暗に天皇を神格化することへの誤解を解いておきたいという意味のことをほのめかされた。

侍従次長だった木下道雄によれば、
「陛下はいつも現人神といわれるのをきらっておいででした。ある高官が『陛下は神様でおいでだから・・・』と申し上げたとき、陛下が『わたしは神様ではない。人間のオーガン(機能)をもっている』とおっしゃったことがありました」
という。
すでに「スターズ&ストライプス」という進駐軍向けの雑誌で、昭和20年12月14日連合軍総司令部法務部長アルヴァ・C・カーペンター大佐が
「もし確証がある場合は、天皇を戦争犯罪人として審問することに不都合はない」
と言明していた。また、中国からGHQに提出された戦争犯罪人名簿の筆頭に天皇の名が挙げられている、と伝えられたりしており、
国内でも天皇の戦犯論や退位論はかますびしくなっている折りで、内外に「人間宣言」をすることで、天皇の地位の防壁になろうと気持ちは濃厚だった。


FC2携帯変換について
->続きを表示
◆ツール
◆設定
▲上へ
このページはFC2携帯変換によってPC向けのページが携帯電話向けに変換されたものです
Powered by FC2