日本国憲法のモデルプラン作成

1946年2月3日、日本側が総司令部に提出しようとしていた憲法草案が、大日本国憲法の字句を修正したものにすぎないことがわかると、ホイットニ―は、
「日本側の作成した憲法草案について検討して膨大な時間を費やすよりも、われわれの考えていることはこうだ、と日本側に提示して論議する方が戦術的に優れている」とマッカーサーへ進言した。
ホイットニーの進言は認められ、総司令部の民政局が日本国憲法のモデルプランを作成することになった。ソ連、中国などの代表も参加する極東委員会の発足が2月26日に迫っており、それまでに憲法草案が完成していなければ、極東委員会によって、日本の憲法が作成される可能性もあり、そうなると、ソ連や中国、オーストラリアなどの利害も出てきて、新しい憲法を作成するまでに膨大な時間がかかることになる。そうなる前に、一定のまとまったものを作っておく必要があった。そうするためには、時間的猶予があまりなかった。マッカーサーはホイットニーに、モデルプランが完成する期日を2月12日と定めた。それは、マッカーサーが敬愛し、彼の執務室にも肖像画が飾っているリンカーンの誕生日でもあった。
鈴木昭典著『日本国憲法を生んだ密室の九日間』(創元社 1995年5月1日発行〉は、憲法のモデルプランの中心となって実務的な作業をしたチャールズ・L・ケーディスや、アルフレッド・ハッシ―、マイロ・ラウエルの紹介、日本国憲法のモデルプランが作成されていく過程が、実証的にえがかれているすぐれた著作である。この書を参考に、総司令部の民政局を中心として、日本国憲法の基本となるモデルプランが作成されるまでの過程、特に戦争放棄条項が憲法に盛り込まれるまでのようすをえがいてみたい。
2月3日の日曜日、ケーディス大佐はホイットニー准将から総司令部に11時に来るように電話で呼び出された。朝の11時前、日比谷の第一生命ビルにつくと、アルフレッド・ハッシ―中佐 マイロ・ラウエル中佐はすでに来ていた。鈴木氏の著には次のように書かれている。

「最高司令官は・・・・」ホイットニーはケーディスが座るのを待ちかねたように口を開いた。
「我々民政局に日本国憲法の草案を書くように命令を下された。諸君もすでに知っている通り、毎日新聞のスクープ(2月1日)によって明らかになった日本政府の憲法改正案なるものは、極めて保守的な性格のものであり、天皇の地位に対して実質的変更を加えていない。天皇は、統治権をすべて保持している。この理由から、改正案は新聞の論調でも世論でも、評判はよろしくない。
松本は昨日、新聞記者に対して、(天皇の地位は実質的にはこれまでのままであり、ただ文言に若干の変更があるにとどまる)と述べている。 こういういきさつの末に、外務省の係官が昨日、火曜日(2月5日)に予定されていた松本案討議のための吉田首相との非公式会談を、木曜日(2月7日)に延期してほしいと申し入れてきた。我々は、これに対してさまざまな可能性を考えて、会談を一週間(2月12日まで)延期した。
これは憲法改正の主導権を握っている反動的グループの考えが、最高司令官が同意できるレベルからはるかにかけ離れていることが、予想できたからである。
私の意見としては、憲法改正案が正式に提出される前に彼らに指針を与える方が良いように思う。受け入れられないような案を彼らが決定し提出してきてからやり直しを強制するよりも、その方が戦術として優れていると最高司令官に具申した。その結果、本日命令が下ったのである」
そしてホイットニーは、やおらグリーンの罫の入った黄色のメモ用紙を取り出すと、
「我々が草案を作成するにあたっ


FC2携帯変換について
->続きを表示
◆ツール
◆設定
▲上へ
このページはFC2携帯変換によってPC向けのページが携帯電話向けに変換されたものです
Powered by FC2