10月11日 マッカーサーと会う

幣原がマッカーサーと初めて会ったのは、組閣を終え、内閣を成立させた10月11日のことだった。会談は夕方5時から始まった。
「今日,会談をもつにあたって、日本政府に希望することを申し述べる。決して無理なことをいうつもりはないが、貴方にはあるいは性急に聞こえるかもしれない。もし無理または実行不可能と考えられるものがあれば、遠慮なくご指摘いただきたい。」
マッカーサーは幣原との会談の冒頭から、あらかじめ準備しておいたペーパーを見ながら、いきなり本題から入り次のように続けた。[kaiken291+]「ポツダム宣言の実現にあたっては、日本国民が数世紀にわたり隷属させられてきた伝統的社会秩序は是正されなければならない。右のことは疑いもなく憲法の自由主義化も包含している。
日本国民はその心理を事実上奴隷化する日常の生活に関してのあらゆる形式における政府の秘密審問より解放され、思想、言論及び信教の自由を抑圧するあらゆる形式の統制より解放せられるべきである。能率化の名を借り、またはその必要を理由としてなされる国民の組織化は政府のいかなる名においてなされるものも、一切廃止されることが必要である。
このような諸要求の履行、及び諸目的の実現のため、日本の社会制度に対して次のような諸改革を日本に同化しうる限りできうる限り速やかに実行することを期待する。
1、参政権を付与し、これにより日本の婦人を解放すること。 婦人も国家の一員として各家庭の福祉に役立つべき新しい政治の概念をもたらすこと
2、労働組合の奨励。労働に威厳を付与し、労働階級が搾取と濫用より、己を擁護し、生活程度を向上することができるように大きな発言権を与えられるようにし、これとともに現存する幼年労働の悪弊を是正するために必要な措置をとること。
3、学校をより自由主義的な教育のために開放すること。これで国民が事実に基礎づけられた知識により自身の将来の発展を形成することを得、政府が国民の主人ではなく、使用人であるという制度を理解することにより、解答するを得ること
4、秘密の審問の乱用により絶えず恐怖を与えるような組織を撤廃すること。ゆえに専制的、恣意的かつ不正な手段より国民を守る正義の制度をもってこれに代えること
5、日本の経済制度を民主制度化し、もって所得並びに生産および商業手段の所有権を広く分配することを保障する方法を発達させることにより、独占的産業支配を是正すること。目下の行政部面については国民の住宅、食糧、衣料の問題に関し政府が力強く、しかも迅速なる行動に出て疾 病、飢餓その他重大な社会的政局を防止することを希望する。今冬は聴きたるべく来るべき困難克服の道はすべての人々を有効な仕事に就業せしむるのほかにはない。」
ここまでマッカーサーが伝え、ひといきおいたとき、幣原は、すぐに英語で反応した。「只今、元帥の御意見として承った5項目のなかであるものは組閣早々の閣議においてもすでに考慮して決定しているものもあります。担当の大臣に相談の必要はありますが、五項目を通じてさしあたり実行不可能と思われるものはなく安心した次第です。
第一の婦人参政権の件は、すでに政府においてはこの実施を決心し、閣議において内定をしております。選挙権の問題については次の順序で事を運ぶ予定です。すなわち現議会は、選挙後数年を経過しており、民意


FC2携帯変換について
->続きを表示
◆ツール
◆設定
▲上へ
このページはFC2携帯変換によってPC向けのページが携帯電話向けに変換されたものです
Powered by FC2