日本国憲法成立まで(その1)

昭和21年2月13日午前十時、コートニー・ホイットニー准将は、ケーディス陸軍大佐、ラウエル陸軍中佐、ハッシー海軍中佐の三幕僚と共に、麻布市兵衛町の外務大臣官邸を訪れた。外務省官邸はアメリカ大使公邸のふた筋ほど、南の角にある。これを迎えた日本側のメンバーは、外務大臣吉田茂、憲法担当国務大臣松本丞治、通訳にあたる外務省の長谷川元吉、そして白洲次郎の4人であった。 そのテーブルの上には、紙やノートがちらかっていた。それは先にホイットニーに提出された松本案に関するものと思われた。
ホイットニーは、向い側に座った日本側代表の顔にまともに日光が当るように、太陽を背にして坐った。席につくや否や、ホイットニーは、
「最高司令官は、日本側の憲法改正草案は、民主主義の線に沿う日本政治機構の広範な自由主義的改組の線からはるかに遠いものであり、それを連合国側において、日本が戦争と敗戦の教訓を学び取り、平和的社会の責任ある一員として行動する用意のある重要な証拠とみなすことができず、受諾できないものです」
と、一語一語念を押すようにゆっくりと発言し、松本案についての討議を抑えた。
そして、
「しかしながら、日本国民が過去にみられたような不正と専断的支配から彼等を守ってくれる自由で開明的な憲法を非常に強く必要としているということを十分に了解している最高司令官は、ここに持参した文書を、日本の情勢が要求している諸原理を基盤しているものとして承認し、私にこれをあなた方に手交するよう命じました。この文書の内容については、あとでさらに説明しますが、それをあなた方が十分理解できるよう、私も私の属僚も、ここで退席し、あなた方が自由にこの文書を検討し討議できるようにしたいと思います」
ここでホイットニーは『一芝居打った』〈コートニー伝)という。
「日本側に強制はしないけれども、最高司令官は、憲法問題が総選挙が行われるよほど前に、国民の前に提示されなければならないと決定しています。そこで、日本国民が憲法改正問題について、論議する十分な機会が与えられると同時に、その意思を自由に発表すべきであります。したがって内閣が総選挙前に適当な、また受諾できる草案を用意できなければ、総司令官は、この原則に関するステートメントを国民の前に直接提示する用意もあります」
この言葉が日本側に与えた効果はてきめんだった。白州次郎氏は、何か変なものの上に腰かけたかのように、姿勢をまっすぐした。松本博士は息をのんだ。吉田外相の顔はひどく曇った。
吉田外相と官邸に起居していた白洲氏は、すっかり困ったような顔をしながら、ともかくホイットニーたちを外相官邸の美しい庭園に面した他の部屋に案内した。
その間、吉田と松本は総司令部側の出してきた日本国憲法のモデルプランを読んでみた。のちに松本が憲法調査委資料として提出したものによると、
〈さっそく、どういうことが書いてあるかと思ってみると、まず前文として妙なことが書いてある。それから天皇は象徴である、シンボルであるという言葉が使ってあった。憲法のようなものに、文学書みたいなことが書いてあると思って大いにびっくりした。また国会は、一院制で衆議院しかない。それから国民の権利義務に当たるところには、いろいろ細かい規定が書いてあって、その中に驚くべきことには、土地その他の天


FC2携帯変換について
->続きを表示
◆ツール
◆設定
▲上へ
このページはFC2携帯変換によってPC向けのページが携帯電話向けに変換されたものです
Powered by FC2