広島にある憲法九条碑[CIMG13661+] 私どもが広島にある憲法九条碑を訪ねたのは、2010年11月29日のことである。広島はいうまでもなく人類最初の原子爆弾が落とされた都市で原子爆弾の悲惨さ、むごさを示す『広島平和祈念資料館』があり、毎年多くの人々が訪れている。しかしながら、これからの世界の平和を願うものとして、例えば戦争をせず、世界の平和を願う憲法第九条を顕彰した碑がない。これは一つには現行憲法が必ずしも国民すべての参道の下に作られたものではなく、アメリカ軍から”押しつけられた“ものとして自主憲法の制定を望む勢力が、今も存在し続けているという事情もあるものと思われる。
そのなかで、広島にも憲法九条碑が建立されているところが一か所だけある。その碑を見に行くことが今回の目的である。それと私どもがもう一つどうしても見ておきたかった碑が広島にある。それは私の義理の父である松島政夫という人がいるが、その人が終戦直前、広島の呉市の近くにある倉橋島というところで、特殊潜航艇の乗務員として訓練を受けていたとされるところを見に行くことであった。
そこで今回の旅行は、 @ 倉橋島の特殊潜航艇の基地の後を見に行く。
A 広島県にある憲法第九条の記念碑を見に行く。
という二つの目的のために広島に出かけた。私の住んでいるところから広島まで夜行バスで行き、広島駅近くからレンタカーを借りてまず倉橋島方面に出かけた。[CIMG13671+] 倉橋島は現在は呉市の一部、倉橋町となっている。音頭の瀬戸という橋でつながっており、車に乗車したまま島まで行くことができる。かつて日本海軍(陸軍?)はここにP基地、Q基地という秘密基地を作り、特殊潜航艇を生産して、秘密裏に乗務員を招集して養成し、敵の軍艦を水面下から攻撃する計画を立てる。私どもの家内の父、松島政夫もその一人である。
この島で作られた特殊潜航艇は『鮫竜』というもので、本土決戦に備えるべく1945年には150艇生産され、なお450艇が生産される予定であったという。全長26メートル余り、定員5名の小さな艇であったが、終戦とともに全部廃棄処分されたという。今回の旅で、戦艦大和の模型を展示している『呉市海軍歴史科学館 大和ミュージアム』という所にも行って『鮫竜』の実物などが残されていないか、問い合わせてみたが係員の返事は「ない」ということであった。

特攻基地大浦崎(P基地)

昭和17年10月極秘裏に工場の建設が始められ、翌18年3月に操業開始これが特殊潜航艇(甲標的)制作専門の呉海軍工廠分工場であった。また時を同じうして搭乗員の養成が始められ、受講者は艇長、艇付、合わせて2600名、内戦死者は439柱に及んだ。
当基地の任務は甲標的の生産、搭乗員の養成、特攻兵器の研究開発で、昭和20年になると甲標的丁型(鮫龍)の完成をみ、 一方回天(人間魚雷)も実用段階に達して、来たるべき本土決戦に備えたが、同年8月15日終戦を迎えて基地は廃止され、現在では平和な公園、町民いこいの場所となっている。
平成4年2月 建立

インターネットで特殊潜航艇『鮫龍』について調べてみたら、いくつか見つ


FC2携帯変換について
->続きを表示
◆ツール
◆設定
▲上へ
このページはFC2携帯変換によってPC向けのページが携帯電話向けに変換されたものです
Powered by FC2